Story

History

1797年創業以来、高級素材を使った製品を手がける。

ジョンストンズ社は1797年にスコットランドの北東に位置するエルガンで創業しました。
200年以上にわたってジョンストン家とハリソン家のファミリーが経営に携わり、
カシミヤやビキューナ、メリノウール、ラムズウール、キャメルヘアーなどの 高級素材を使った生地、
スカーフ、ホームファーニシングなどを作り続けています。 現在でも原毛の厳選から紡績、ウィービング(機織)、ニッティングまで手掛ける、
英国でも珍しい一貫生産工場をもつメーカーです。

創業間もない1801年からウールを中心とした手織ビジネスを展開し、1840年代初期には後にジョンストンズの代表的なエステートツイードとして知られるデザインの創作にとりかかります。 エステートツイードとは、同じ氏族を特定する織柄(クランタータン)に対して、同じ地域で働き生活する人たちを特定する織柄でした。このエステートツイードは、 スコットランドの山々や高原の背景に調和し、狩猟用として身を守るためにカモフラージュできるよう配慮された配色が選ばれています。
元来エステートツイードは、高地での生活やスコットランドの厳しい天候に耐えられる重い生地でのみ作られていましたが、1800年代後半になると、より一般的な用途のために軽い生地やアイテムも作るようになりました。
今日、世界トップデザイナーにも使われているジョンストン高級カシミヤ素材もまた、エステートツイードを起源としたものが多く選ばれています。

1960年代にニットウェアの製造にとりかかり、1970年代後半には、カシミヤニット生産の心臓部といわれるホーイックにも自社工場を持ちました。 ここから生まれるカシミヤ製品は、品質の良さから世界中から高い評価を受け、現在トップデザイナーや高級メゾン、本物を求める顧客に支持されています。

ジョンストンズ・オブ・エルガンは、"最高のもののみが全て"という経営理念に基づき、全ての工程に熟練の技術と信頼のおける品質をもって操業しております。 この理念は200年以上を経た現在のエルガンとホーイックの2つの工場に携わる750人の熟練スタッフにも受け継がれており、厳選された原料の選別、創業間もないころから活躍するカーディング機やアザミ起毛といった今まで培われた伝統的な工程を残すとともに、近年の小ロット生産にできるだけ迅速に対応すべく新しい染色機、縦糸成型機の導入など新しい設備投資を行うなど、ジョンストンズ独自の生産背景を利用し、世界各国のお客様にクオリティーと価格バランスがとれた商品の供給に日々尽力しております。

Fabric